首を回して小顔ダイエット

小顔になるためには首についての対策を行う必要があります。首と顔は思った以上に非常につながりがるわけです。


22

そこで行うのが、「首を回す」というものです。あまりに単純なものですので、少し拍子抜けしてしまうかもしれません。しかし、そちらを行うと実際に顔がほっそりとしてくることもありますので、馬鹿にはできないわけです。

また、首を回すという単純な行動という事もおすすめできる理由です。複雑な運動を取り入れなければいけないとなれば、非常に難しいことにもなります。それが簡単な運動で達成できるとなれば、定期的に行うことも可能です。

 たるんだあご
 たるんだくび

以上の二つのものに効果がある運動法になりますので、すでに上記したものの一つでも感じているのでしたら、これから紹介する運動法を覚えて実践してください。ほっそりした首とあごと手に入れましょう。

首を回す運動法

首のストレッチ!
首を回すという事ですが、簡単に言えば首を動かすストレッチを行います。ストレッチは特に気持ちがいいものになります。1日に1回や2回程度は習慣として行うようにしましょう。実は首を回すことは、ダイエット以外にも効果があるものです。

・まずは下を向く

背中で出を組みます。それが基本姿勢だと思ってください。そしてたった状態で首を回すことになります。最初は真下を向いてください。自分のつま先を見るような感覚にするわけです。

つま先を見たあとは、首を回します。ゆっくりと時間をかけて回すようにしてください。決まった秒数などを設定すれうことはありませんが、頭の中で「10」程度数えて一周をさせるような感覚にすればよいでしょう。

首を一周させるときのコツは、真上をしっかりと見ることです。視線もしっかりと移動させることで。ダイナミックな首の動きをさせることができます。

また、首を一周させる時に、首の後ろ側の再度のあたりが伸びているような感覚になっているかを確かめてください。もしもしっかりと伸びている感覚があればこの運動は成功しています。

・回数は?

1周で10秒程度になる計算なので、5回から6回程度の1分を1セットとしてください。きりがよく、10回くらい行って約2分程度というものもおすすめになります。

右回りで1セット、左回りで1セットという具合で、2の倍数のセット数を行うようにしましょう。そうすることでバランスの良いダイエットが可能になります。
22-1

効果について

こちらの首を回すストレッチ法ですが、効果としてはリンパの流れがあります。首周りのリンパをスムーズに流せるようになりますので、非常に効果が高いと感じて間違いはありません。

さらに首周りの筋肉を鍛えることにもなります。インナーマッスルにも影響を与えて痩せやすい体質を作ることも可能です。痩せにくい体質の方には特におすすめしたい運動法です。

肩コリ、首コリ対策

肩コリや首コリに悩まされている方にもお勧めです。首を回すことを習慣づけられたら、首コリや肩こりが大きく改善される可能性はかなり高いです。