顔のヨガの効果を高めよう!

フェイシャルヨガですがせっかく行うのなら効果を高めたほうがよいでしょう。こちらでは、小顔になるためフェイシャルヨガの方法とその効果の高め方について解説させていただきます。

・一般的なヨガのポーズを練習

まず基本的な事になりますが、ヨガのポーズを行うのが基本です。ですので、積極的にヨガのポーズを習うようにされるべきです。ヨガには様々なポーズがあります。得意なポーズと苦手なポーズがあると思います。

練習すれば、どのようなポーズでもある程度できるようになります。まずは慣れることが肝心です。フェイシャルは後回しにして問題ありませんので、安定したヨガのポーズが取れるようになってください。

インナーマッスルを鍛える!
練習をすることで、ヨガのポーズが安定化してくるでしょう。実は安定化してくるという事はコツをつかんだことにもなりますが、インナーマッスルが鍛えられていることになります。ですから、ポーズが安定化してきたら、身体にはいい効果が出てきていると考えても良いです。

ヨガのポーズを取りながら顔の筋肉を動かず

・口周りの筋肉を重点的に
28
ヨガのポーズが問題なくできるようになりましたら、ついにフェイシャルヨガを行います。特にアゴ周りのたるみなどで悩む方は多いです。そのような方は、口の周辺の筋肉を重点的に動かすよういにしてください。

例えば口を開けたり閉じたりを繰り返します。あごを痛めることもあるますので、無理しない程度の大きさで問題ありません。また、口を左右に動活用な運動も効果的です。

何もしないで上記の運動をするのは特に問題ないと思います。しかし、ヨガのポーズを取りながら行うのが大きなネックです。ですから、最初にヨガのポーズをしっかりと練習することが大事と申しました。安定しているうえで顔のヨガを取り入れると効果が高まるわけです。

鏡を見ながらポージングをチェックする

効果を高める穂法として、まずは正しいポーズというものがあります。自分の体勢についてバランスが崩れていないかを、鏡で確認しましょう。鏡を見てバランスが崩れていたら修正を加えてください。

慣れてくれば特に鏡も要らなくなると思いますが、最初の運動時に用いると結果的に小顔が早く得られるようになります。フェイシャルヨガへの慣れも早まるでしょう。

28-1