顔の筋肉を鍛えて小顔になろう!

小顔になるためには表情筋を鍛えることが必要です。ただ、顔の筋肉も体の筋肉と同じく年齢が高くなるにつれ弱ってしまいます。それが、顔を大きく見せてしまう事もあります。対策が必要になるわけです。

表情筋を鍛える!
小顔になるための表情筋を鍛えるという事ですが、やはり顔を普段から活発に動かすことが重要です。いつも同じような表情をしていますと、どうしても顔の筋肉は弱ってきてしまいます。積極的に顔を動かすという事をイメージしてください。

笑顔に積極的になる

29

実は笑顔になることが重要です。笑顔は顔を大きく動かすことになります。口角をあげるようなことにもなりますし、たるみやすいほおの筋肉もしっかりと使うわけです。笑顔を作れるよういにしましょう。

ただ、何も目的もなく笑うこと自体は簡単ではありません。ですので、楽しいドラマや紺と番組などを見て笑うのも良いでしょう。漫画や雑誌などで笑うのも良いです。とにかく笑う事をイメージしてください。

・口角をイメージ

少し前記しましたが、とにかく口角をイメージしましょう。口角をイメージすることで、あごのたるみが大きく改善する可能性が出てきます。口角がリフトアップすることで、あごの肉も上の方に持ちあがってくるわけです。

あごの輪郭がすっきりとする事になります。小顔効果というものが出てくるわけです。

怒った顔は厳禁

29-1
一方で、怒った顔はあまり苦ありません。実は怒った表情というものはしわになりやすいというデメリットがります。せっかく小顔を目指すわけですから、しわなどになりにくいような考え方が必要になります。

怒った顔は特に眉間などにしわがおこりやすくなります。顔の筋肉も凝り固まってしまってあまり良いことにはなりません。怒った表情よりも笑った表情がおすすめになります。

マッサージも重要

顔を動かすことも必要ですが、マッサージも同時に行うのがおすすめです。マッサージを行うと皮膚が活性化します。皮膚の細胞に栄養が送られやすくなります。マッサージをすると血行がよくなるからです。しかも、マッサージをすることで、お肌のターンオーバーが促進されるわけです。

ターンオーバーは30日弱の周期でおこなわれると言われています。しかし、年齢を重ねるとその周期がどんどんと伸びてしまうことになります。それを抑えることがマッサージでは可能です。

お肌がきれいになることで小顔に見えるという効果もあります。表情筋を鍛えることとマッサージを確実に行いましょう。