あぐらの格好で顔を痩せる!

あぐらを組むのが基本的な小顔対策になる方法があります。実際に全く難しくありませんので、さっそく実践しましょう。特に床に座る癖があるような方は、その時にあぐらを組んで行えばいいわけです。


31
・もちろんあぐらを組むだけではない

顔全体に効果をもたらす!
あぐらを組むだけで小顔になれるわけではありません。あくまで基本姿勢があぐらというだけです。それに、ちょっとした運動を組み合わせることで、顔の血流や、顔の緊張をほぐすといった効果を求めるものになります。

ただ、あぐらを組んで激しく動かすわけではありません。あぐらを組んだ基本姿勢はずっとそのままになりますので、特に体力がなくてヨガなどがきついという方におすすめできる運動法になります。

下を向き、上を向く

あぐらをまず組みます。そして目を閉じてください。その時に首や肩、そして手首に力が入っていないかを確認してください。もしも力が入っていれば力を抜いてください。顔を含めで上半身は全体的にリラックスさせます。

・呼吸も整える

呼吸も整えることが必要です。呼吸があらい状態で行っても身体のいろいろな部位に力が入ったままになっていることもあるわけです。そのような状況は避けなければいけないと思ってください。

呼吸が整いましたら、いよいよ運動を開始します。ここまで準備段階でしたので、ここからは顔を痩せさせる運動に入ります。集中をしてください。

・腕の位置を気にして顔を上下に動かす

まず腕の位置に注目してください。あぐらを組んでいますので、正面の下には足首があるはずです。その足首を持ってください。足首を持つことで姿勢が安定化をして、効率的な運動をすることが可能になります。

顔については下をまず向きます。自分のへそを見るような感覚で真下に向けてください。そして首をまわしてください、真上を向いたらその状態で少しだけストップします。そして首を1周させます。

右回りが終わったら左利回りといったように、高度にバランス良く行う事も肝心です。肩ら首が気持ちよく感じられる運動でもあります。

顔の運動も行う

顔の運動法としては、まずは顔全体尾をぎゅっと縮めてしまうようなことを行ってください。イメージとしては鼻に顔のパーツが集中するような感じです。口を閉じまして、顔にたくさんのしわができるような感覚です。

梅干を食べちゃ時にするような顔をイメージすると分かりやすいでしょう。基本的には目を閉じて行いますが、まずは鏡を見て確認しながら行っても良いです。

次に、今度は逆の運動を行います。顔を大きくさせるようなイメージです。目や口がはなから離れるようなイメージを持って動かしてください。

眉を上にあげまして、目がはっきりと大きくなるような感覚です。目をまん丸にして口を大きくあけるわけです。

こちら運動は顔の筋肉も鍛えられますし、顔の筋肉をほぐすことも可能になります。顔を引き締めたり、血行を良くしたり効果が期待できます。座ってテレビを見ている時には、コマ―シャルに入った時だけ行っても良いでしょう。

座ることができる場所なら、時間がなくてもできる素晴らしい顔の運動法です。小顔になりたい方は必見ですよ。
31-1