唇を意識して顔痩せ効果をゲット

小顔に見せるためには、唇に対する対策というものも重要です。顔のちょっとした運動や、ヨガを取り入れた運動をすることで、小顔になれる可能性もあります。

・唇付近の筋肉を鍛えるのが目的

リフトアットを目指す!
唇対策というものですが、目的になるのが、唇付近の筋肉を鍛えることです。唇付近の筋肉を鍛えられれば、口周辺たるみなどを改善できる可能性があります。結果的にリフトアップ効果を期待できるようになります。

口周辺ということになるとあごのラインに影響が出るという事が理解できるはずです。あごのラインが崩れると、どうしても顔が大きく見えてしまいます。唇対策はまさにそのような事を防ぐために行われるわけです。

まずはヨガを行う

まずは姿勢をよくして、唇や顔に対する間接的な好影響を与えるヨガ的な運動がおすすめです。唇の血流が良くなることで、血色がよくなり、顔全体が綺麗に見えるような効果も併せ持っている運動法になります。

・最初のポーズ

床にお尻をついてください。その時にでは、身体の横において床を触っているような状況です。そして足を前にのばしてください。膝がしっかり伸び切っている状態です。腰のところが90度になっている感覚で吸わるわけです。

次に、あぐらのポーズをとります。その時に、背筋を伸ばすような感覚で行うのがおすすめになります。姿勢が良い状態であぐらをかくようにするわけです。

さらに背中で合掌をしてください。身体が固い人は難しいと思いますので、無理はしないで問題ありません。肩周りの筋肉などをほぐして血行を高めることができる運動になります。

運動している最中の呼吸法ですが、通常の生活で行っている鼻呼吸で問題ありません。深く呼吸をして構いませんが、あまり呼吸は関係ないヨガになります。
32-1

実際に唇周りを鍛える

32
上記の運動で顔や唇周辺の血行も良くなって来たはずなので、次に唇周りを鍛えます。唇を実際に動かすことになりますので、顔をしっかりと動かせるように、ちょっとしたマッサージを加えてもよいです。

唇を口内に引き込む運動

まずは、唇を口内に引き込みます。唇を吸いこむという間隔が適切だと思います。真一文字に口を結んで、唇が口内に隠れてしまうような感覚にします。この時は歯を食いしばらないでください。

口を開ける運動

さらに口を開ける運動もあります。口がまん丸になるような形で大きく開けるようにしてください。その時は勢いを持って口を開けるのがコツです。唇をはじいて、音が出るほど勢い思って開けるのもおすすめになります。

上記の唇の運動を繰り返して行うことで血液の循環も良くなり、口周辺の筋肉も鍛えられます。美容と小顔対策が達成できるかもしれない方法です。