胸を意識した上半身のリフトアップで小顔になる

顔のリフトアップは、小顔対策になります。小顔になるためにも積極的に考えるべきでしょう。そしてもう少し広い範囲について考えてみるのもおすすめです。胸から顔にかけてのリフトアップを考えてみるのはいかがでしょうか。

幅広くリフトアップしよう!”
顔という狭い部位だけリフトアップするのではなく、上半身広い部位のリフトアップを行ってみることも実際におすすめになります。顔だけリフトアップしても、その他の部位がたるんでしまっていれば、いずれそちらの影響が出て顔がたるんでくることもあります。

・今後のたるみ予防も考える

今後のたるみの予防というものも考えて対策を行いましょう。顔だけという狭い範囲だけを考えるのではなく、上半身というものを考えてたるみ対策を行うべきです。上半身全体のたるみ予防を達成する方法もありますので安心してください。

胸と顔のたるみを解消する運動法

まず姿勢が大切です。姿勢を正すために正座をしてください。できましたら胸の前で合掌のポーズをしてください。この姿勢だけで、胸のリフトアップをする効果があります。実は胸の前で合掌をすると胸の上部が鍛えられるわけです。

胸の上部が鍛えられると、バストアップ効果も実際にあります。バストがたれてしまう事を防ぐことにもつながってきますので、その点も注目をしていただければと思います。胸の大きさで悩んでいる方にもお勧めの運動法です。

33
・顔のたるみの予防法
33-1

以上のポーズを行いながら次に顔の運動を行います。顔のリフトアップを考える場合には、口角を意識します。口を軽く開いてください。そしてかるく息を吸い込むように「ひー、ひー」吐息を吸ってみてください。そうすると口角が引き上げられているのが分かるはずです。

そしてその時に胸についても動かされていることが分かると思います。口の周りと胸が同時に運動されていることになりますので、非常にお得なリフトアップ方法になります。

コツについて

こちらの運動法のコツですが、姿勢を保つことです。胸を意識してください。胸を少し張る感じで姿勢を正すのがおすすめになります。そうすることで、上半身のたるみを効果的に予防しやすくなります。