小顔になるためのツボの刺激方法

前の記事で小顔ダイエットに効果的な手のツボというものを紹介しました。しかし、ツボの押し方についてはまだ理解が足りないこともあるでしょう。


36
例えば、ツボの押し方の具体的な強弱というものです。どのくらいの強さでつぼを刺激すれば効果が得られるのかという事も知っておくべきです。

マイナス効果を得ないために!
さらにつぼを刺激する時の注意点というものも知っておけばそれに越したことはないでしょ。ツボの刺激し方によっては、マイナス効果をもたらしてしまう事も考えられます。それは避ける必要があります。
効果的に顔を痩せる方法を具体的に現実化するためにも、ツボの押し方を詳しく確認しましょう。知って実践することで、さらに小顔化できるかもしれません。

ツボの刺激の強弱について

ツボの刺激に関する強弱ですが、あまり強く刺激しないでください、強く刺激するとその部位を痛めてしまう事もあります。そのような事では、良い結果はなかなか得られないでしょう。

痛くても気持ちが良い感覚がお勧め

ツボの刺激の強さについては、痛くても気持ちが良い感覚がおすすめになります。いわゆる、痛気持ちいい、という感覚を意識してください。刺激が弱すぎても意味がありませんので、多少の痛みがあっても問題はありません。

ツボの刺激に関する注意点

36-1

ツボの刺激に対する注意点ですが、まずは爪があります。ツボを刺激する時には、爪を立ててしまう事があります。爪を立てるとお肌を痛めてしまいます。内出血をしてしまう事もあります。それは全く意味のない事ですので、爪は立てないようにしてください。

また刺激をしている時間もそれほど長くなくて良いです。長時間過ぎるといたいが出てきてしまいます。時間としては、1分から3分間程度に抑えるのがベターです。それ以上行う意味はありません。

小顔に関するツボの刺激の仕方は少し特徴的ですが、親指を押す時間もそれほど長くなくて良いということになります。最初は時間を計りながらおこなっても良いでしょう。