小顔ダイエット用の温熱系マスクについて

ダイエットマスクは温熱型のものもあります。ヘアバンド型のものではなく顔を覆ったタイプになります。


42
温熱型のダイエットマスクというものが存在しています。寝ている時に使うものとは少し目的が違います。寝ている時に使うタイプのマスクは、顔のあごのラインを締め付けてたるみなどが出ないようにするタイプになります。

温熱型ダイエットマスクの目的

温熱型ダイエットマスクは、顔を覆います、あごから頬骨のラインまで、マスクで覆います。そしてその素材は温熱型になりまして、遠赤外線素材などが使われています。痩せたい部分を温めるわけです。

・痩せたい部分に汗をかく

温熱型ダイエットマスクを使うと、“あご”から“ほお”にかけて発汗が促されます。顔に非常に汗をかくようになるわけです。汗に汗をかくということは、顔にかる脂肪のエネルギーを多く消費することになります。

特にあごなどは、二重あごになってしまっている方もいるわけです。二重あごは、あごに脂肪がたまりすぎている状況です。そこに汗をかけばエネルギーとして、その脂肪を使うようになるわけです。結果として顔をすっきりさせるわけです。

代謝の改善機能あり!
さらに温熱型ダイエットマスクを使うことで、汗をかきやすくなります。代謝が良くなりまして、顔の周辺に脂肪がたまりにくくなるわけです。そういった非常にうれしい効果を持っています。

効果的な温熱型ダイエットマスクの使い方

温熱型ダイエットマスクですが、効果的な使い方があります。その使い方ですが、運動をしている時に使うというものです。スポーツジムで、ランニングマシーンを利用している時や、サイクリングマシーンを利用している時がおすすめです。

有酸素運動時は特に汗をかきやすくなります。瞬発力系の運動では汗は一瞬ですので、効果は少ないです。長時間行える運動に用いることがおすすめです。20分や30分続けられる運動に用いると、顔の発汗もどんどんと促進されて効果を発揮してくれます。