箸を使った小顔ダイエット

どの家にも必ずあると言っても良いのがお箸です。そのお箸をかむだけで、小顔ダイエットが達成できます。その方法を紹介します。


45

こちらで必要なダイエットグッズはお箸となります。お箸のみとなりますので、新しく購入する必要はないでしょう。もちろん、運動用に使いますので、一般のお箸としてはもう使えなくなる可能性もあります。ですので、新しく購入しても良いです。

お箸については、100円ショップで販売されているものでも構いません。ホームセンターで売られているようなものでも問題ありません。素材としては特に関係ありませんが、噛みますのでできるだけ柔らかい素材である木などがおすすめです。

ステンレスなどの粗大の場合は固くて歯に悪影響が出る場合もありますので、注意して対応してください。歯というものは健康に関わるものです。大事に扱うことが重要になります。

お箸をかむダイエット法

それでは、どのようにしてお箸で小顔ダイエットができるのかを紹介します。まずはお箸を噛みます。お箸の先ではなく、太さのある柄の部分を噛むことになります。太い方があごに力が入りますし、安定化します。

そして、歯の両方の奥に1本ずつ箸を差し込んでください。そして奥歯でお箸を噛みます。それほど強く噛む必要はありませんが、ある程度の力が入るような感覚で噛むことが重要になります。

時間は1回当たり10秒から20秒ほどです。1回1セットという感覚にしてください。それを2セットから3セット行います。何度も噛むわけではなく、1回当たりしっかりと噛むという運動法になります。

お箸の小顔ダイエットの効果

頬の周りに刺激を与える!
こちらの運動法の効果についてですが、頬の周りに刺激を加える運動法になります。普段あまり動かしていない部分にもなりますので、しっかりと活用していただければと思います。

特に普段から柔らかいものばかり食べているか茶には有効です。頬の肉がどうしても残ってしまっている方には、有効な小顔ダイエット法です。

箸については、跡が残ってしまうと思いますが、それで問題はありません。跡が残る程度の強さで噛むことが重要です。思いっきりあとが残るのではなく、自然にあとが残る間隔で噛んでください。