小顔法としての発声

よく演劇などをしている方や声優の方、さらに歌手やアナウンサーの方が行っているのが発生練習です。しっかりとした声が出るように行われます。実は、その発声練習が小顔ダイエットに効果があります。


48

声は大きくなくて大丈夫!
発声練習と言っても、それほど本格的に行う必要はありません。本格的に行ってしまうと、近所迷惑になってしまう事もあるわけです。そのような心配をしなくて済む範囲の発生練習で、小顔を達成することができます。

■発生練習をする時のスタイル

まずは発生練習をする時のスタイルにつてチェックします。効果が高まるようなスタイルになりますので、マスターしていただきたい部分になります。

足ですが、肩幅に開きます。そして背筋はしっかりと伸ばしてください。猫背になってしまわないように気をつけましょう。姿勢を正しくするようなスタイルになります。姿勢がよくなければ良い声というものは出ないわけです。

発生練習の方法

48-1

姿勢を正しくしたら、次に発生を行います。発生練習をする時には、できるだけ口を大げさに動かしてください。口を大げさに動かすことで、口の周りの筋肉がしっかりと使われるようになるわけです。そうすることで非常にいい効果が発揮されます。
まずは「あ」「う」「お」と発音

まずは、「あ」と「う」と「お」を発音すると良いでしょう。顔全体の筋肉を動かすような感覚で発音してください。そのときの声は、大音量でなくても構いません。話す時の声で大げさに口のまわりの筋肉を動かします。

「あ」と「う」と「お」の発音ですが、基本的に正面を向いて行います。上を向いたり、下を向いたりして行わないようにしてください。

・次に「い」と「え」を発音

次に「い」と「え」を発音します。この時は、上記したような正面を向きません。あごをひいて下を向きながら発音することになります。あごがのどに近づくような感覚です。

この時の発音については、ゆっくりと行う事がコツになります。口を大きく動かして、顔の筋肉を動かすようなイメージで発音をしてください。

顔のリフトアップ効果を高める

こちらの運動については、顔のリフトアップ効果を高めるものになります。筋肉を動かして、顔の筋肉をしっかりと鍛えることを目的にしているわけです。

顔のたるみに悩んでいる方におすすめの小顔ダイエット方法になります。簡易的な発声練習なので、誰でもすぐに実践できます。