化粧で小顔化する方法

小顔ダイエットとは直接的に言えないかもしれませんが、実はメイクにより顔というものを小さく見せることができます。応急処置のようなものになりますが、その方法を覚えておくことは有用です。

顔を小顔に見せるメイクのポイントですが、二つほどあります。まずはそちらを重点的に、小顔に見えるメイクをしましょう。そのメイクをすべき対象の部位を以下に紹介します。


 あご

以上の二つの部位になりますが、まず「あご」というものは分かりやすいと思います。あごが大きく見えるとおおきな顔に見えてしまいます。そちらを小さく見せることで、小顔化させるわけです。

・目のメイクを重要視する理由とは

目の大きさに注意する!
気になるのが目でしょう。なぜ目がメイクで重要視されるのかという事ですが、目の大きさは顔の大きさに思った以上に関わります。顔が小さく見える目のサイズもありますし、顔が大きく見える目のサイズもあるわけです。

ですから、目のメイクというものは重要視されることになります。難しい考え方にはなりませんので、まずは気軽に実践してください。
49

小顔に見せるあごのメイクとは

こめかみからあごにかけてチークを入れることが重要です。茶系のチークを入れることで、顔の縁取りがしっかりとされます。その結果、顔が小さく見えるという効果を発揮します。あごのラインが鮮明化することで、顔がはっきりとするわけです。

チークを入れるということは難しい事ではありません。毎日実践できるメイク法になりますので、しっかりとマスターして、いつでも小顔に見えるように対処しましょう。

小顔に見せる目のメイクとは

それでは目のメイクについて紹介します。目につきましては、基本的に大きく見せることが重要です。目は大きくなると顔が小さく見えるという関係にあるからです。

逆に目が小さいと、どうしても顔は大きく見えてしまいます。そういった関係性の上に顔のパーツというものはありますので、目を少しでも大きく見せるメイクを行いましょう。

とにかく、まつ毛というものを意識してください。マスカラをしっかりと付けてボリュームを出すと目が大きく見えます。さらにつけまつ毛などを利用するのも、目を大きく見せる一つの方法になるので実践してください。