小顔対策になる肩の効果的なストレッチ法

肩の周りをほぐし、肩こりを解消することは小顔対策になることを知っていますか?

9-1
・血行不良対策

肩の周りですが、実は不具合を抱えている方は多いです。まずは、血行不良があります。肩コリを経験している方の奥が血行不良に悩まされているわけです。生活もつらくなります。
血行不良を改善
血行不良は何も肩だけの事ではありません。身体全身にも悪影響が出てきまして、健康被害になってしまう事も考えられるわけです。そのようなことは防がなければいけません。

・リンパ対策
さらに肩の周りにはリンパが大量に集中して流れています。腕に流れているリンパについては、必ず肩を通りますので、そのあたりのリンパの流れが滞ると大変です。

肩の周辺のリンパが詰まると、まず二の腕がむくんでしまいます。さらに周辺部位の首やあごといった部分にまでむくみの影響が出てしまいます。

見た目にもはっきりと表れてしまう部位になりますので、注意して対応しましょう。血流もリンパも、人体には大きな存在になりますのでその改善を目指すべきです。リンパマッサージの方法はこちらです。

肩をほぐすストレッチを行う!

肩を集中的に対処しますので、肩のストレッチを行います。前記した血行不良はリンパの流れに効果的になる運動方法になりますので、ぜひチャレンジしてください。

・両手を頭の上に置く(運動中はずっと)

まずは両手を頭の上におきます。この姿勢を運動中はキープすることになります。肩を動かす運動になりますので、手は頭の上に置いたままで問題ありません。

もちろん、それだけでは運動にはありません。手を頭の上に置きましたら肩を上下に動かしてください。首を縮めるたり伸ばしたりするようなイメージになります。肩を動かすことによりストレッチになります。

回数としては、1セット5回から10回程度で構いません。それだけでも決行などにいい影響が出てくれます。

9
・肘を前に出したり後ろに伸ばしたり

さらに肩のストレッチを行うために、肘を前に出したり、後ろに伸ばしたりします。こちらの運動についても、両手を頭の上におき続けたままにしてください。

肘を前に出す場合ですが、身体の正面で右と左の肘がぶつかるようにしてください。そして肘を開きまして後ろにのばしてください。

こちらの回数としても、1セット当たり5回から10回です。セット数は1日2回から3回できれば良いでしょう。間を空けても構いませんし、続けて行うのも良いです。