顔をすっきりさせるためにはほほとあごをすっきりさせる

ほほとあごが太く見えると顔が大きく見えます。それを簡単に抑える方法をお教えします。


14

ほほとあごですが、実は肉がたまりやすい部位になります。そちらが膨らみますと、顔がどうしても大きく見えてしまうわけです。顔が大きく見えればスタイルが悪く見えます。容姿が劣って見られてしまうかもしれません。

ほほとあごへの対策ですが、それほど難しくない方法で対処することも可能です。難しくはないので、毎日行う事も出来ます。また、ちょっと空いた時間で対策を立てることも可能になるわけです。

・ほほとあごをピンポイントで痩せる

全身は痩せる必要がないという方もいるでしょう。身体は全体的に細いのに、ほほとあごだけに肉がついてしまっている方もいるわけです。そこをピンポイントで痩せる方法を紹介します。

集中的に刺激を加える

代謝をアップさせる
こちらの小顔ダイエット法は、集中的に刺激を加えるというものです。ほほとあごの近辺に刺激を加えることで、代謝のアップを目指します。代謝が良くなれば、ほほとあごが引き締まるわけです、比較的、即効性のある注目のダイエット法になります。

・頬骨に注目

こちらのダイエット法では頬骨に注目をします。生え際から鼻の下あたりまで斜めにほほ骨があるでしょう。そちらを指で押さえます。そしてプッシュしてください。それほど強く行うことはありません。軽く刺激を与える間隔です。
14-1
また、手をグーにした状態で頬骨をプッシュすることもおすすめです。まずは指の腹で押して、その後にグーの状態で押すといったようなことを交互に続けても良いのではないでしょうか。

さらに、ほほ肉の部分を指で左右から押すような行動もおすすめです。脂肪がその部位で凝り固まっていることもありますので、そのように刺激を加えることで、脂肪に流動性が生まれます。消費しやすくなるわけです。

あごを細くする刺激法

あごを補足する時もほほと同じような刺激がおすすめです。指であごの下の肉を挟んで押すような刺激が重要です。脂肪が動くような感覚で行うのがおすすめになります。

・あごの下の肉をつまむ

さらに、あごの下の肉を指でつまみます。親指と人差し指でつまむような感覚で行うわけなので、特に難しい刺激法ではありません。あご下を何回かに分けて全体的に行うと効果的です。