タオルを温めたり冷やしたりして小顔対策

タオルを使った温冷法による小顔ダイエットも可能になります。

水を使うとやはり洗顔という要素が加わりますので、お肌を痛めることにもなります。特にお湯についてはお肌の皮脂をおとすことがあります。皮脂については、あるべきものもあるわけです。保湿効果を兼ね備えています。

洗顔を行い過ぎると、皮脂を取り去ってしまい乾燥肌になることがあります。逆に、皮脂がないことで、お肌が保湿しようと頑張って余計に皮脂を出してしまうことさえあるわけです。お肌に大きな影響が出てきます。

一方で、特にタオルを使った温冷法は、マイナスというものがありません。水は使わないことはありませんが、お肌の皮脂に影響を与えるほどでもありません。美肌になりたいという方は、タオルの方法を選択しましょう。

タオルを使っての温冷法の必要になるもの

16-1
タオルを使って行う温冷法に必要になるものを紹介します。特に難しいものをそろえることは必要ありません。多くのご家庭にあるもので対処することができます。

 温かいタオル
 冷たいタオル

以上の二つのタオルが必要になります。ただ、どのように冷たくするのか、どのように温かくするのか、といいう部分で困ってしまう方もいるでしょう。その点についても、家にあるもので出来ますから安心して下さい。

・温かいタオルの作り方

レンジで温める!
タオルをレンジでチンしてください。ほんの少しだけチンするだけです。それだけでも十分に温かくなります。長時間行うと温かくなりすぎてしまいますので、非常に危険です。手をやけどしたり、顔をやけどしたりしては大変です。30秒で取りだしてください。

16
・冷たいタオルの付くいり方

タオルを冷蔵庫に入れてください。冷蔵庫で問題ありません。冷凍庫に入れる必要はありませんが、冷え過ぎてもお肌に問題が出てきてしまことがあるかもしれません。冷蔵庫に、30分から1時間くらい入れておけばどれで問題ありません。
16-2

タオルを使っての温冷法の方法

水を使っての温冷法と全く同じ考え方になります。冷えたタオルと温かいタオルを交互に顔に当ててください。お肌が活性化しまして代謝がしやすくなるわけです。脂肪が圧倒的に消費しやすい状況になります。