洗顔によって小顔を獲得する!

顔を洗いながらでも、小顔になるためのダイエットは可能です。


19-1

お風呂に入る前には、必ず顔を洗うと思います。洗顔ソープなどを使って、顔を洗う時に何も考えずに洗ってはいませんか。単に綺麗にするためだけならそれでも良いと思います。しかし、小顔になりたいと思ったら、少し洗顔方法を考えましょう。

そもそも、顔を洗う時は手を使って洗うものです。その手の動きを小顔になるようなものにしてはいかがでしょうか。たったそれだけの動きでも十分な効果が得られることもあります。

毎日の習慣!
洗顔は毎日の事になります。1日や1週間ではすぐに効果が表れなかったとしても1カ月や半年と行えば、気づかないうちに顔はすっきりとしてくるものになります。それだけの効果が洗顔による小顔ダイエット法にはあります。

顔全体のあらい方

19

最初は、基本的な洗顔をして構いません。ソープを手にとって、それで顔を洗うようにするわけです。全体的綺麗になるようにしましょう。ただ、あまりごしごしと洗わないように対処するべきです。お肌が傷ついてしまいます。

・顔の中央部から耳元に向かって

洗顔によるダイエット法の中心的な考え方には、顔の中心部分をイメージすることになります。中心とは縦一直線になります。おでこから眉間、鼻、口、あごという感じになるわけです。

その中心部から耳元に向かってさするように優しく洗顔を行います。おでこの場合は、おでこから生え際に沿って耳元までさするように洗います。鼻の場合はそのまま横に一直線になるように洗います。

最後にあごから耳元に向かってさするように洗うわけです。時間としてはそれほどかかるものではありませんので、入浴中の時間もそれほど取らなくて済みます。

・回数と時間

そえぞれの部位を20秒ほどかけてゆっくりと洗ってください。それを2回から3回ほどおこないましょう。それだけでも顔のむくみが取れるわけです。

ただ、むくみがひどかった場合には、もう少し時間を増やしたり、回数を増やしたりしてもかまいません。回数を増やしたからといってすぐによい結果は出ないこともありますが、2日から3日続ければ少し改善する場合もあります。